いま風が煌めいた。

いち枚の写真と、拙い文と、正直なココロと。

蝋燭の炎のように🔥

 燃える「芯」も、溶ける蝋燭も・・・あとわずかです。

f:id:masatdm1951:20170515175809j:plain

 

心不全で具合が悪くなって、施設から病院へと移った母親・・・・

さらに死への深みに入った92歳の母。

意識レベルが少しづつ下がり、呼吸も「本人の意識外で身体が勝手に」

生きるために「顎」で行っている状態でした。

 

 仕事場に出勤し、二時間も立たない頃に「危篤」の知らせ。☎💦💦

仕事場では決して珍しくない「最期」のシーン。

これがいざ自分たちの事となると・・・『こんなにも落ち着かない事

なのか・・』

 

 私は母とは合算しても数年間しか一緒に住んではいなかったので、

実の母でありながらも・・あまり「自分の母親」という実感が

ありません。😓

 

 母もそうだったらしく・・私が他府県の企業へ就職し、二十歳頃

内臓の病気で数ヶ月入院した際に、彼女は一度も面会に来ません

でした💧

入院費の援助もありませんでした。

だからといって「恨み」も何もありません。

 

 尿の排出量が激減し、呼吸が浅くなり、脈拍が乱れ始めると・・・

長くありません。

もしかしたらこの記事の直後に電話が入るかもしれません。

(日中、半日ほどベッドサイドで見守りましたが、家族の疲労もあり

 現在は自宅待機)

 

 先月の初めまで、私が自宅の風呂に入れてあげたり、トイレ介助も

できました😊

おむつの交換も「一度も文句や恨み言」を言わずに、穏やかな気持で

介助できた自分がそこにいました。😁 

 

 穏やかな穏やかな母でした。

最期を迎えたら・・既に役目を終えて「献体先」から骨になって帰って

きている父と同じ様に、「献体」という社会的に重要な仕事に向かいます。

【死んだら「意識も」「痛みも」「何の感情も」無い! 】

という信念を両親はもっていましたし、私も全くその通りなので

二つ返事でサインした「献体登録」。

 

 仕事場へは「明日の日勤、そして夜勤」も全て「休む」手配をして

きたから、安心して安らかに・・・。

 

f:id:masatdm1951:20170515175809j:plain

「思ってくれている」インジケーター?

f:id:masatdm1951:20170415172516j:plain

 「人の心♡」の全体は、神様以外には誰も分からない。

 

でも、面と向かっていない時・・夜の一人きりの時間に・・もし!

 

自分の事を【思ってくれている】インジケーター(標示、目印?)が

 

スマホか何かで点灯してくれたら・・良いんだけどなぁ😁

 

◆「好き💕」って【思ってくれたら】・・・が点く!

 

◆少し気になってくれて「心配」してくれていたらが点く!

 

◆何も無いけど「ふと」気になってくれていたら黄色が点く!

 

◆私のことを「嫌な奴だなぁ」って思ってくれてたらが点く!

 

◆「嫌!本当に嫌!生理的に無理!!」って思ってくれてたら

 

こんな風に人の気持ちが表示されたら・・・とてもやり易い様な?

 

気になっちゃってやり難い様な💦

 

やっぱり「良く分からない方が」良いのかな?😊

 

何も点灯しない(誰も何も思わず、気にしてもいない状態)なら

 

死にたくなっちゃうだろうし💧

同じ視線で・・

 小さな花に「ぐぐっと!」近づいてみる。

 

しゃがんで、それでも遠いので膝を着いて四つん這いになって・・・

 

f:id:masatdm1951:20170219151030j:plain

 

う〜ん! 実に綺麗で、良く出来ている。

 

もちろん花は一言も言わないけれど、じっと見ていると何かを

 

話しているような気がする。

 

み〜んなお日様の方を向いている・・と思いきや?

 

みんな好き勝手な方を見ている😊 

(私と目が合った花も😁💕 )

 

一つ一つの花の向き先に、私も同じ様に向いてみる・・・

 

そっか!そっか! 君はこういう景色を見るんだね?

 

そして貴方はこっちの方を向いているんだねぇ〜😊

 

 

人間だって同じ。

 

人は「それぞれ」色々なことを考え、感じ、喜んだり悲しんだり・・。

 

できるだけ私は、その人の「同じ視線で」ものを見、聞き、考えてみたい。

 

介護職には特に必要なことかもしれない。

心が『鈍感』に・・・

 このエリアのブログ記事がなかなか更新できません💧

 

何だか「心が鈍感」になっている気がします_| ̄|○

 

美しい草花に出会ったり、どこまでも澄んだ青空を見上げた時の

 

感動は今も少しも衰えないのだけれど・・・

 

どうしても「人との関わり」の中で感じていた「感動」や

 

「トキメキ💕」が、すこしづつ「虚しい気持ち」へと。😔

 

「人」のことも「花🌸 🌺 🌷」と同じ様に見れば良いのかな?😊

 

色も形も香りも全て違う・・・でも「美しい💕」って思うことに。

 

f:id:masatdm1951:20140913123054j:plain

 

 

 そうそう!

 

今朝のTV番組の中で、タレントの【新山千春さん】がとても心に残る、

 

そして彼女自身いつも胸の中心に置いている言葉を紹介していました。 

 

彼女のおばあちゃんが、いつも言っていた言葉なのだそうですが・・・

 

それは・・

 

【笑顔が 一番の お化粧だよ!】

 

だそうです😊

 

確かに笑顔が素敵な人は、容姿の良し悪しじゃなく! 

 

とっても可愛くて、綺麗に思います。 

 

女性ばかりの職場にいる私が言うのだから間違い無し!! 

 

きっと、それは男でも女でも同じに違いない(^^)

 

私もそんな笑顔になりたいなぁ😊

 

 

 

言ってみたかった・・

わたし「あなたの事を『一度も思い出したこと』

    が無いんだぁ・・」

 

あの人「え?・・・・そんなぁ・・・」

 

わたし「どうしてだと思う?」

 

あの人「嫌いになったの?」

 

わたし「だって・・『一時だって忘れたこと』

    が無いんだもん。」

 

・ 

f:id:masatdm1951:20161216123715j:plain

まだ落ちない葡萄

 今年たくさん実を付けたけど・・・・

黒く実ること無く・・結局はほとんどを

切り落とす結果に_| ̄|○?

(袋の中で腐り、コバエ?が湧いちゃった

 んです?)

 

 でも、色は付かないもののとても姿が

良かった一房を残したのが10月。

 

その房が今も!!

実を落とさずに枝にぶら下がっています。?

 

貴腐ワインが出来そうなくらいに、うまく

カビてくれるでしょうか??

でなかったら・・・「天然干しぶどう」に

なってくれないかなぁ?

f:id:masatdm1951:20161202071642j:plain

 

 数ヶ月前、少しの雨の後、風の日の朝などに

大量に実が落ちました。

それを「潔い生き方? に方?」と考えると、

こうして「いつまでも落ちない」姿は、

人間に当てはめると、どういう「生き方、に方」

って思いますか?

仕事柄、様々な見方、考え方に接します。

 

 一言ではまとめることが不可能な、

でも自分の身に当てはめる時には・・・

 

 

ハッキリと答えを」出さなくてはならない

現実的な課題です。

 

平和な平和な「渦巻き雲??」

 スーパーに買い物に行きました。

買い物を終えて、ふと・・空を見上げたら・・・・

f:id:masatdm1951:20161118095423j:plain

 

誰かさんがタバコの煙りで「輪っか」を作って

吐き出した形のような??

 

少し大きくしてみます。

 

渦巻き?かなぁ? それとも「クラゲ?」

みるみる内に形が広がり・・そして消えて

しまいました。

f:id:masatdm1951:20161118095433j:plain

 

何だか「人の幸せ」も似たようなもの。

その時にシッカリと記憶にとどめておかないと

・・・すぐに忘れてしまう。

日常の中の『ふと』した「幸せ?」を見逃さ

ないようにしなくては?・・ね♪

『ジャネーの法則』って?

 毎年毎年・・一年があっという間に過ぎてゆく・・・

 

いったい何度この言葉を言ってきただろう? でも確かに

「一年がまるで一ヶ月」しか無いような感覚の年もある。 

長年「なぜ?」と思ってきたけど、さほど真面目には考えた

ことがありませんでした。

 

でも、世の中にはいろんな研究をしている人がいるんですねぇ。

 

ジャネーの法則を数日前に知りました。?

 簡単に言うと・・・

生涯のある時期における時間の心理的長さは、年齢の逆数に比例する。

 (年齢に反比例する)。】

 

やはり「早い!」と感じてきたことは間違いや錯覚では無かったん

ですねぇ。

 

 でも、色々説明を見続けていくと・・・ どうやら自分の側にも

責任?原因?があるようですよ。

 

① 新鮮味が無くなるから

 子供の頃の敏感な知識力や感動する素直な心・・・

それが大人になるに連れて「当たり前」に思えることが増え、

新鮮味を感じないことから記憶にも刻まれにくい。

 

 なるほどなるほど・・ガッテン!ガッテン!?

 

② 同じことを繰り返すから

 大人になると仕事に費やす時間が増え、どうしても定められた

時間帯での「同じ事」の繰り返し・・マンネリ?・・・ルーティーン? 

つまり生活のパターンが出来て、さほど考えなくても事が済み、

過去を振り返っても「何も思い出せない」なんて悲劇も起きようと

言うものです。

 

 なるほどなるほど・・ガッテン!ガッテン!?

 

 だから・・・「すべての人に平等に配られている

『時間という白地図』」に、自分はどれだけ色をぬることが出来る

だろうか? これが大切なのだそうです。

個人個人、活動の範囲や情況は違っても「いろいろなことに興味を

持ち」「可能ならそれに挑戦してみる」気持ちだけは抱けるものです。

 

 ブログはその点、大きな役目を果たします!

まずその日の出来事を記録していますから、振り返っても「色がきちん

と塗られた一日」があります!

いつもの庭、いつもの道、いつもの野山・・行く度に違う景色や自分の

心境と出会います。そう!新しい発見は感動を生み、記憶力も増します。

 

 よし! 「今年は良い意味で長かったなぁ・・??」って言える

ように頑張るぞー!

 

 今日という日を何色で染めるかは・・・自分の責任だぞう!と言い聞かす?

f:id:masatdm1951:20161116204954j:plain

『写真』は、時の流れが良く分かる

 同世代の人たちに「ねぇ!身体はリアルに年取るけど・・気持ちって

何歳ぐらいのつもり?」って聞くと・・・

「二十代!(^^)/!  三十代!?!」と、みんな若い頃の時間に想いを

寄せるようです。

 

 身体は確かに衰えてきます?

簡単に飛び降りられた段差が・・「怖い!??」

簡単に飛び越せたU字溝の狭い幅・・・「あれ?怖い!??」

簡単に間に合ったはずの電車のドア・・・「乗ろう!という気持ち自体

起きない?」

 

 でも、気持ちは「何でも出来そうな?」「恋に恋していた純な気持ち

への憧れ?」それらが満ちているのです(^^)

 

 自分が実際に20代だった頃の写真が見つかりました(^_^;)?

姉の結婚式のために現在の「南アルプス市」に来て、滅多に着ない背広姿を

姉に撮ってもらったのでしょう(記憶には無い。)

寮の同室の彼にネクタイを借りたことは覚えている。

 

 南アルプスのかなり下の方まで雪が見えることからすると・・

3月頃かな?

今はもう見る影も無い「痩せた姿?」「豊かな髪」「シワなんて一つも

ない?」

f:id:masatdm1951:20161022175038p:plain

 

 この時からきっと45年は過ぎていることでしょう。

こんなごくごく普通の男にも、いろいろな人生経験がありました。

TVドラマではないですが・・・正に「喜びも悲しみも幾歳月」そんな

想いです?

 

 シワが増えることも、肌が弛んでくることも、髪の毛だって白く

なったり、少なくなったりもする。 だって「生きてるんだもん?」

 

 深く心が傷ついたり、死ぬまで忘れる事が出来ないように思う出来事

もある。 だって「生きてるんだもん?」

 

 まだこの写真の頃、私は結婚していませんでした?

 

遠い地の憧れの人に想いを寄せていました。

 

やがて大失恋?することも、そして別の人と結婚し、最初の子が日本一

小さな赤ちゃん(極小未熟児)として生まれる奇跡?を経験する事も、

次いで生まれてきた二人の息子たちが、様々な問題を抱えながらも

元気で育って今に至る人生を・・・ましてや、介護職場で一緒に働く

日が来るなんて・・・。

全く想像すら出来ない頃のうぶな?私の姿なのです(^_^)

 

 今、こうして生きていることを、つくづく幸せだと思う

煌めくような毎日です?

幼い頃から大好きだった野山に身を置くこと。

若い頃もそれは変わらず、老いた今は更に好きになっている私。

 

 遠い昔の写真・・それを自分が見ることが出来る事は、

やはり感謝すべきことですね?

「気持ちが煌めく瞬間」を忘れずに、もう少し、自分の写真を自分が

眺めることが出来る・・そんな幸せな時間を下さい?

今、生きているということ・・

 それはとっても貴重なことなのです。

今日は数字で思いを馳せてみましょう(^^)/

 

 二年以上も前に、心惹かれた人との出会いがありました?

もちろんそれは「悲しい」結果で終わりましたけど??

 

 そんな「幸福」で「悲しい」出会いを、とても感謝した日々でした。

過去記事を見て我ながら「ふむふむ、なるほど!」って思いました。

 

 【今、生きている!】という事の素晴らしさを改めて気付かされました。

 

 

 そうだ! 感謝して明日も頑張ろう!(^^)/

 

平凡な日々…じつは『ヤッター!』なのだ(^^)

まず普段見る事の無いTVのバラエティ番組。

だけど、今からもう十数年前のある番組は

別!

今でも、自分の気持ちを『原点』に引き戻す時の

『優しい原動力』になっています。


それは、フジテレビ系列での人気番組!

笑う犬の冒険】です(^^)

その中で【葉っぱ隊?】が歌った歌詞が、私の

『応援歌』になっています(╹◡╹)

きっとご存知の方も多いでしょう?



歌詞の一部   (作詞は、ダンス☆マン


《  水飲んだら うめぇ〜!    Yatta‼️

   陽に当たったら あったけぇ〜!Yatta‼️

   腹から笑ったら おもしれぇ〜! Yatta‼️》


いろんな『贅沢な欲求』が心に溜まり始めたら、

『平凡な日々』が営める事こそ! 喜びの原点‼️



今日、妹は肝部cancer治療のため入院します。

また『平凡な日々』が彼女にも訪れる様に

祈るのみです。


f:id:masatdm1951:20160821165525j:plain

「今日」

 今日・・ある人の「メルアド、住所、電話番号」をiPhoneから削除しました?

今から3ヶ月ほど前には・・写真を削除しました。?

「いいの?本当に消していいの?」と自分に聞きながら。

 

 寒い日に手を握って温めたことも・・

一緒に美しい「絵」を見に行ったことも・・・

幾つもの、ときめくような出来事も・・・・・・

 

 全て消えました。

 

いいのです。 幸せなひと時を共に過ごせた事実が、頭の奥に残っていれば。

いや!消さなくちゃ!

 

こちらからメールをすることはあっても、彼女から来ることは無いのです。

送っても返してくれることが殆ど無くなった・・・惨めな私。

 

空で憶えられるような番号でも無ければ、アルファベットの綴りでもないので

忘れるのは簡単です・・・・・きっと・・。

 

傷つくために恋をしているような・・・。

 

f:id:masatdm1951:20160821103422j:plain

 シュウカイドウ花言葉は【片思い】。

 

野の霧のように、野の花の様に。

  今まで生きて来て、ずっと自分には

【自意識過剰】なんて無いと思っていた。


 ところが、ここへ来て『自分が思うほど】には

『他の人の意識の中に【私】は居ないのだ。』

と気づいた。本当にいまさら。


気の合った同士が楽しげに挨拶を交わし、

とりとめも無い話に笑顔が溢れているのに、

私はポツンと1人きり… 時には発した挨拶に

気付かれる事もなく、そのまま近くの空気を

一瞬震わせただけの私の声は、

私の耳に空しく帰ってくる。


自分では『親しい』と思っている友人も、

私から送らない限り、返ってくることの無いメール。


いけない、いけない。

【他の人の中の自分】の様子で一喜一憂する

そんな私では無かったのに… 。

失った熱い想いの痛手が、未だ消えていないみたいだ。


ほんの少しだけ現れて、いつの間に人知れず消える、

そんな潔い【朝霧】のように。


どこで咲こうとも気落ちせず、咲き惜しんだりなんて

しない野の花たち。

彼らに何度も逢い、幾度も元気をもらっているのに、

私ったら何も学んで来なかった。


雑念が静かに消えてゆく準備をしなくては。


f:id:masatdm1951:20160928090045j:plain








【ソウルメイト】

 大好きなアーティスト【竹内まりや】の作詞

作曲、そして歌手・・彼女独特の世界観溢れる

楽曲があります。

それは『ソウルメイトを探して』です?

 

?????

f:id:masatdm1951:20160919213152p:plain

?????

 

 調べてみると「ソウルメイト」という概念は、

『前世』や『魂』といった宗教由来の意味合い

のある言葉のようです。

私の場合「生まれてくる前の命」も「死後の命

も存在しない!という考えを持っているので、

私的には、竹内まりや』さんの歌詞の様に、

今ある生命;魂』寄り添ってくれる人の

ことだと想う。

 

 特に深い仲という関係になくても、何でも

話せる人・・

いえ!何でも話したくて仕方無くなる人、

細かく話さなくてもほとんどを理解して

くれる人。

 

 一緒に身を寄せていなくて、むしろ離れて

いても想い浮かべるだけで元気や勇気が出て

くるような人・・

そんな人こそ!『ソウルメイト』だと想う。

だから・配偶者が必ずしも『ソウルメイト

ではない事だってあり得る。

『浮気?』といった軽いものとも違う。

 

歌詞の中の

《男だとか女とか こえてる二人だった》

この通りだと想う。

恋とか愛とかとはまた違う世界。

果たしてそういう人に巡り会えるのだろうか?

 

f:id:masatdm1951:20150920073108j:plain

 

 

叶わぬ想い・・

 だからこそ「詩」が生まれ・・

「歌」が生まれ・・

 

「静かな涙」が流れ・・ 

空が眩しく見え、花の美しさにひときわ敏感に?

 

叶わないからこそ・・いつまでも想っていられる?

 

f:id:masatdm1951:20160918073636j:plain